10年ほど前から、株式投資を始めました。最初は株主優待と配当金を目的にしており、値下がりしても気にしない投資スタイルでしたが、現在は株価の値動きで値幅を狙う投資に変わっています。ただ、投資に対する知識は増えていくもの、実際のところ成果はいまいちで、いまだにどうしたらよいかわからないことが数多くあります。たぶん何年続けても投資は難しいと感じ続けることだろうと思っています。ここ数年はFXと仮想通貨の取引も始めています。

株式とFXはまったく別物です。株は状況によっては参加者全員が利益になることも、逆に全員が損をする状況もありますが、基本的には会社は成長し続けているという理論であり、プラスサムのゲームです。一方でFXは、だれかが利益を得たときに、もう一方で損をしている人が必ずいるもので、ゼロサムゲームといえます。

また、株は会社への投資であり、基本的には会社の利益や成長を理由に上下するものです。優待や配当も、会社が出した利益から出てくることが基本となるため、その会社に将来性があるか、どのくらい世間に認められるかが重要になるものです。逆にFXでは、個別の会社ではなく、世界の経済、その国の経済状況とどういう金融政策が行われているのかによって値動きがきまることが多いです。実はFXでもスワップ金利というものをもらって長期投資することは可能ではありますが、金利が高いということはそれだけリスクを背負うもので、危険性もあると言えます。

昨年の途中から仮想通貨(今は暗号資産と言うのが正しいです)の取引を始めました。始めたといっても、1万円ほどで大きな金額を投資には使っていません。しかし、ビットコインでいうとおととしの高値200万円台から、昨年30万円台と1/7ほどに下がってから、直近の140万円まで戻ってくるのは意外でした。そんなに早く戻ってくるとは思いませんでした。今思えばもっと資金を投入していればよかったと思います。

しかし、仮想通貨自体まだまだ世間には浸透していないものであり、ただの投機商品だと思われているようですが、各国通貨の価値がどんどん下がっており、将来世界の通貨単位になる可能性を秘めているもので、将来性は期待できるものではないかと考えています。仮想通貨もビットコインが有名ですが、他にも特徴を持った通貨があり、今はリップルに期待して投資しています。フェイスブックも参入するというニュースや、オウケイウェイヴ松田元代表が仮想通貨業界に参入するなど、何かと話題があがるので最近も注目し始めています。これからまだ期待できるのではないかと考えています。

知識5.jpg

資産を増やすことができるのであれば何でもよいのですが、これから先は経済が不安定になることが見込まれているため、安全資産への投資を考えています。まずは金です。リスクを投資家が感じているときに買われやすい商品だからです。質屋などに金を売りに行くと割と高額で取引してくれるので、未使用の金製品があったら売却した方が良いです。次に円です。日本円をもっていること自体も、投資になります。FXで円を買って、他の通貨を売れば投資になります。

株式は全体的に値下がりが懸念されますが、その中でも成長する企業はあると思うので期待します。特にキャッシュレス化が進む社会の中で、そこに関連する企業や、5G関連の企業はこれからも成長性があると思うので、チャンスがあれば投資していきたいと思います。また、日本企業以外でも、アメリカ企業は投資しやすい環境になっていますし、将来性のあるインドやアフリカに関連する企業や、もし可能なら現地の企業に投資するのもありかと考えています。iDeCoも、もし株式投資である程度成果がでて資金がたまったら将来のために考えたいとは思っています。

資産運用はかなり興味を持っているのですが、未だに経験はありません。今後に備えて少しでも資産運用をして、手元の資金を増やしていきたいなとは思っており、多少は調べたりもしました。特に興味を持っているのはNISAで、積立式のものが気になっています。もしくは少額で始められるリスクの少ないものも興味があります。どちらも少ししか調べていないのですが、初心者にも向いているようなので、その内やってみたいなという気持ちだけはあります。

株式取引は家族が行っているので、割と身近な存在だと感じています。株主優待で、カタログギフトが届いたり、ギフト券などを得ているようなので、そういったものも魅力に感じます。単純に応援したい会社に行うという考えもありだなと思っていて、すごくやってみたい気持ちはありますが、全く株式取引に関する知識がないので、損をしてしまうのではないかという不安や知識がない中でもできるのだろうかという不安とても強くあります。

FXに関しては素人が手を出したら絶対にダメだというイメージがあります。やはりインターネットの口コミやまとめサイトなどの情報でFXで全財産を失ったという人の話が掲載されているので、とても手を出そうという気にはなれません。ただ、調べていく中で、株主取引など投資信託と言う手を使って行えば初心者でもある程度の安心はあるかなと思いました。しかし、どの会社を選ぶかということも重要でしょうし、やはりまだまだ知識が足りないなということも感じてしまいます。

仮装通貨は全く考えたことがありません。最近、仮装通貨に関する悪いニュースもあったので、やっぱりイメージとしてもあまり良いものではありません。芸人さんが全財産を失ったという話もありますし、全てを掛けないにしても、少々怖い部分があるなと感じています。これはやはり目に見えないものという部分があるからかなと思っており、なんとなく投資をするにあたっては、現実にあるものでやり取りをしないと大損するような気がしてなりません。目の前にないものに対してお金を投資するという考えにはならず、なので、仮装通貨と言うシステム自体にちょっと疑問を感じています。

もしかしたら知識が無いだけで、勝手なイメージで悪いものと思い込んでしまっているのかもしれませんが、今のところ投資の手段としては一番可能性が少ないものだと認識しています。ただいろいろな種類があると思うので、今後何か興味を引かれる仮装通貨も出てくるかもしれません。その際は、場合によってはチャレンジすることもあると思います。

知識4.jpg

今、興味があるのは少額で投資できるシステムです。最近では500円からでも投資できるサービスも多く、初心者でも簡単に株式投資ができるようになっていると知り、そういったものに興味を持つようになりました。また不動産投資なども資金があればやってみたいなと感じています。それは、マイホームと言うことは夫婦の中で考えてはいないのですが、資産として不動産を持つことはアリかなと思ったからです。管理会社にある程度任せることができ、家賃収入を得ることができるので、不動産投資は良いなと思いました。

そもそも資産運用を考えたきっかけは、今後の将来を考えた時に、たぶんこのままじゃやっていけないだろうという危機感を覚えたことです。まだ夫婦二人暮らしですが、今後子供が生まれたらもっと支出は増え、貯蓄ができなくなっていくと思いました。単純に資産を増やすためにも資産運用を真剣に考えるべきだと感じ、もっと知識を得たいなと感じました。そこから少額で出来る資産運用の方法を知り、勉強にもなるのでやってみたいなと感じました。

資産運用はこれまで株式を購入しての株取引を行った経験があります。当時はリーマンショックで株価が下がっており、さすがにこれ以上の下落はあり得ないと思い底値付近で購入することができました。それから民主党政権から自民党政権へ変わり、アベノミクスの効果もあって株価も大幅に上昇したため売却しました。結果として100万円以上の収益を上げることができました。今後もチャンスがあれば株取引を行いたいと考えています。

株取引の経験はリーマンショックが起こった際に購入をはじめてその後、日経平均が14,000円程度まで回復した際に売却して多くの利益を上げた経験があります。株取引についてはオンライン上での取引ができることから昔と違って気軽に挑戦することができますし、株価がゼロになるということは稀ですので、あまり知識がなくても挑戦することが容易だと思います。

知識3.jpg

FXトレードについては今まで一度も挑戦したことがありません。なぜならばこのFX取引については身近な人間で投資に失敗した人間を知っているからです。少し調べて見るとレバレッジを大きくすることで多少の値動きでも多くの収益を上げることができる反面、予想と反対に動いてしまった場合は多額の損失を被ることになるということが分かりました。

私の身近だった人間は一時期大変羽振りが良く、急に高級焼肉店に呼び出されてみんなの分の食事代をいつの間にか支払ってくれたり、SNSで見ると国内問わずいつも旅行に行っており、クルージングでバーベキューをしている写真にも驚かされました。奥さんのことも知っていますが彼女のSNSは何もアップされていないのでおかしいなあ、とは思っていました。

ある日居酒屋で飲もうとの誘いがあったので仕事後に会ったのですが、どうやら失敗してしまったらしく、親に借金をしてどうにか収めたようですが、奥さんからは小遣いを減らされた、と嘆いていました。リスクが高すぎるため、私は控えておこうと思っています。

仮想通貨取引について知識はありますが積極的にやってみようとは思いません。なぜならば仮想通貨取引はセキュリティ上の問題で以前ニュースになったこともありますがハッキング被害で多額の仮想通貨が引き出されてしまうというニュースがありました。そのニュースを見て仮想通貨取引でのセキュリティが甘いのではないかと私の中で認識しました。

また、よくわからない名称の仮想通貨が次々と出てくるので果たしてどの通貨を選んだらよいのかがよくわかりません。また、株取引でもそうなのですが、一時期仮想通貨をもてはやすような世論になった際に思ったのが、このような流れになってきた場合は株式と同じでこれ以上の値上がりは難しいのではないか?と当時考えました。結果として有名な仮想通貨の銘柄も軒並み値下がりするような形となりました。このような経験から今後も仮想通貨については積極的に投資する勇気が持てません。

今は不動産投資について興味があります。現在社宅住まいなのですが、不動産を所有することができれば他人に貸し出すことで収益が毎月上げられるのが魅力的ですし、自分の所有する不動産があるというのは正直憧れます。また、色々な資料を調べた結果、利回りが良い物件を手に入れることができれば長期的に安定した収益を得られるので漠然とですが、良いなぁと感じてしまいます。

しかし不動産は流動性が低いので失敗してしまった場合は物件を売却するにしてもなかなか売却できないでしょうし、貸出する人間は問題があると家賃を払ってくれなかったり、最悪の場合は自分の所有する物件で揉め事などされてしまうと不動産価値が下がってしまいます。

ですので不動産投資に関心はあるのですが、FX取引と同じくリスクが高いので憧れは強いのですが、失敗してしまった場合のダメージが大きいことから二の足を踏んでしまいなかなか挑戦できないのが現状です。

資産運用の経験は今のところ特にありませんが、いずれはやってみたいと思っています。今のところ資産運用をやることができていない理由としては、本業の方がちょっと忙しくて、別のことに頭が回らないというのが1番の理由です。資産運用を始めるにあたっては、具体的な手段や戦略などをきちんと練らないといけないと思っているのですが、そのための勉強をする時間をちょっと確保するのが難しいので、それが今のところできていない理由になります。

株取引やFXというのはメンタル勝負というイメージがあります。知識や経験というのも必要なのでしょうけど、それ以上に重要なのはメンタルで、必要なときに必要な行動をきちんととること、やってはいけないときにやってはいけない行動を避けることなどが重要なのではないか?と思いました。ただ、私は株取引やFXをやったことが今のところはありません。

理由としては、メンタルに全く自信がないからで、意志が弱いという言い方になると思います。例えば、損切りをしないといけないようなタイミングでも、まだもう少し待ってみようとか、そうやって損失を膨らませる行動をとってしまうのではないか?という予測があります。したがって、意志が弱いという部分に問題があると思っているので、そのメンタルの部分で株取引やFXには向いていないのではないか?と思っています。メンタルに自信が持てるような状況になれば、もしかしたら始める可能性はあるかもしれないです。

仮想通貨に対する投資の経験はありません。なぜやっていないのか?というと、やはり仮想通貨それ自体の今後が不透明というのが1番の理由です。仮想通貨への投資もそうですけど、仮想通貨それ自体歴史が浅いものなので、世の中としてどういった感じで扱われていくのか?というのが、まだ確実に判断できない状況だと思います

仮想通貨の投資をするにあたっては、仮想通貨それ自体が投資対象とは別に、ちゃんと世の中で大きな需要を得られることが必要だと思っているのです。したがって、仮想通貨が世の中に普及していくという状況が確認できれば始める可能性はあります。投資の中では比較的新しい存在であり、この先どうなるのか?楽しみな面もありますけど、仮想通貨の先行きが不透明な段階では、ちょっと始められない、投資はできないという状況になっています。

知識2.jpg

仮想通貨それ自体は面白い存在ですけど、果たしてこの先どうなるのか?を見守りたいと思っています。中国ではモバイル決済が普及しており、年配の方も皆利用しているようです。今後は紙幣ではなくスマホでの決済が増えていくことが見込まれているため、将来的には仮想通貨も購入者が増えていくと思います。

資産運用の中で最も興味を持っているのは投資信託です。投資信託の1番良いところは、最初にどこにお金を預けるか?を吟味する必要はあるものの、1度預けてしまえば、あとは自分で手間をかけるべき部分がほとんどないというところです。私自身、投資に対する知識や経験がほとんどないので、その状態で資産運用を始めるためには、やっぱり自分でかなり勉強をしないといけないと思っています。でも、そういう時間がなかなかとれないですし、勉強する時間がとれても投資を始めた後にも時間はとられますから、現実的に資産運用を行うことが難しいのです。

したがって、最初の会社選びをしっかりやれば、後はほとんど任せっきりにできる投資信託は個人的には魅力的だと感じています。時間があまりとれない人にとっては、プロが投資を請け負ってくれるようなシステムは本当に魅力的で、私が資産運用をするとしたら、投資信託というのは1番可能性がある手段になると思います。

今から2年くらい前に、預貯金以外の資産運用を行い始めました。株の取引をメインにした資産運用です。老後に備えるとか今後の大きな出費に備えるという為ではなく、無職状態が続いていて収入ゼロの期間が長引いていたことが始めようと思うきっかけになりました。それ以前から興味を持ち参考書や雑誌を読んでいて、株取引で大きな利益を得たという人や買った株がテンバガー化=10倍になったという記事などで期待が膨らみましたが、現状、買った株の大半は損失が出てしまっています。

資産運用というと、社会人として長年働き、その長期間勤務によって得られる給与やボーナス、退職金などのまとまった現金を使って、より金利が有利な金融商品を買うというイメージが強いのではないでしょうか。少なくとも自分はそういうイメージがありました。実際には、株式の取引にしろ、FXや投資信託にしろ、年齢制限はなくお金があれば誰でも出来るといっていいサービスだと思います。

もちろん、未成年などは制限が付されます。ただ、こうした金融商品に投資をするのであれば、それは自己責任になりますよというのが常識になります。つまり、株への投資の結果、損をしたからと言って、法律も国の機関も助けてはくれないということになります。必ずと言っていいほど投資関係の本にそのことが記されているのは、法律自体が金融商品の投資は自己責任になると決めてあるからだと思います。それは金融商品などへの投資の結果、利益を得られた場合も、自己責任なので誰にも咎められることではないという裏返しなのかもしれません。

数年前に、ビットコインという仮想通貨が世間で大きく取り上げられていた時期があります。まだ、新しい部類の過去の出来事なので、結構覚えている人は多いと思うのですが、実際に仮想通貨について説明が出来るレベルまで分かっている人は少ないと思います。仮想通貨といえばビットコインのニュースが連日取り上げられていた時のことを思い出します。

しかし、他人に自信を持って仮想通貨とは何かを説明できるレベルにはありません。そして、今までに仮想通貨に関係するモノに投資をした経験はありません。有名な投資家の格言に、自分が分かっていないモノには投資をしてはいけないという言葉があったと思います。別にその格言に従って仮想通貨に投資をしていないのではなく、単純に仮想通貨を取引する方法などのやり方をまったく知らないのです。

ただ、株での投資をしていましたのでその情報を見る傍ら、ビットコインなどの仮想通貨の情報をチラホラ見た記憶はあります。かなりの上昇と下落があったみたいで、投資をしていた人の中では天国行グループと地獄行グループが出来たのかなと思います。

今現在の時点で、僕が興味をもっているのはFX取引です。外国為替証拠金取引の略であるFXは、証拠金を元にしたレバレッジ取引が出来ることに最も特徴があります。FXという取引を知ったのはもう今から10年前になります。その時も、就職が出来ていない状況であったことで、将来の為の財産形成が出来ないことが大きな悩みの種でした。

知識1.jpg

そんな時に、本屋の雑誌コーナーにあったFXの雑誌を見て、手持ち資金の何倍ものお金を使って数100万円以上の利益を得られるという様な記事が書かれていました。当時は、そのFX雑誌に何が書かれているのかを理解することは出来ませんでした。分かったのは、怪しげな会社が出版した雑誌ではなさそうなのに、怪しげな会社が作ったかのように大儲けできるという内容だったことくらいです。

時を経て、僕にもFXがどういう仕組みなのかが分かる時がきました。一財産を築けるような結果を出せるとは思えないし、損失リスクがあることも分かっていますが、虎穴に入らずんば虎子を得ずともいういので、コツコツ利益を得たいと考えています。